記事一覧

昇降機の点検項目

エレベーター

業者間のサービスの違い

エレベーターのメンテナンスは法的な基準に則り毎年行われることが鉄則です。また、業者基準では毎月のメンテナンスも必要になり、安全性を確保して稼動させることが必要とされています。そのため、エレベーターを設置している場所では定期的な複数のメンテナンスが必要になるのです。エレベーターを安全に稼動させ続けるためにも適切なメンテナンス会社に点検を依頼することが必要なのです。毎月のメンテナンスとしては技術者が実際に機器の稼働状況を目視し、機械室を細かくチェックしたり稼動部分のグリスを注入するなどの作業があります。また、安全装置の確認やエレベーターのブレーキの調節なども行ってくれるので、安全性が確保できる内容となっているのです。このメンテナンス作業は技術者が現地で作業をする頻度やチェックする項目により大きな差が出てきます。また、メンテナンスの項目が同じ場合でも業者により費用が異なるために、適切な事業者にメンテナンスを依頼することが不可欠になるのです。マンションなどの集合住宅の場合、コストを重視してエレベーターの点検を依頼することが多々あります。そのため、適切な点検項目とコストバランスを考慮して業者を選択することが求められるのです。これは数十年間継続してマンションの昇降機の点検を依頼することになるために、毎月のコストが住民の金銭的負担になることが理由です。それゆえに、コストバランスの優れた専門業者にメンテナンスを依頼することが重要です。

Copyright© 2017 【事故を未然に防ごう】エレベーターのメンテナンスはプロに頼もう All Rights Reserved.