社会保険労務士を目指すならまずは講座に足を運ぼう

  1. ホーム
  2. 合格への近道

合格への近道

レディ

力を身に付けられる

社会保険労務士は保険や年金労務管理のスペシャリストとして働くために取得しなければならない資格です。難関国家資格なので合格率は低いことから、勉強時間をしっかりと確保できることが大切です。また、試験は年に1回開催されているため、1度不合格だったからといって諦める必要はありません。そのため、強い意志を持って勉強に取り組み、継続できれば合格できるチャンスは残されています。しかし、ただ勉強を続けているだけでは合格できない可能性があります。なぜなら、試験に出題される範囲は広く、問われる知識は深いので勉強をする際はしっかりと対策を立てるべきです。社会保険労務士の勉強をする際は市販の参考書を活用したり、講座を利用したりなどの方法を選びます。市販の参考書を活用する方法は自由に勉強のスケジュールを組める魅力はありますが、スケジュール調整が苦手な場合は向いていません。また、理解が難しい内容で躓いてしまった時に困る状況が考えられます。一方で通信講座や専門学校の社会保険労務士講座はスケジュールを立ててもらえる他、理解が難しい内容が発生した際に質問できる環境となっています。ですから、講座での勉強は合格に必要な力を身に付けるために最適です。ただし、市販の参考書を活用する場合に比べると、社会保険労務士の講座の方が費用は大きくなります。しかし、社会保険労務士の資格を取得したいのであれば、通信講座や専門学校の講座の活用が合格への近道です。